TIA連携大学院とは

TIA連携大学院とは

「TIA連携大学院」とは、筑波大学を拠点として、国内外の大学・産業界の連携協力のもと、TIAの研究設備・研究人材を活用し、一つの大学・研究機関だけでは到達できない高水準の教育を目指す、大学院教育インフラです。TIAの共通基盤プラットフォームとして、「TIA連携大学院」体制を構築し、次世代人材育成を担っています。

TIA  オープンイノベーション拠点

TIAは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)、国立大学法人筑波大学(筑波大)、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究(KEK)、国立大学法人東京大学(東大)の5研究機関と、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)とで運営する研究拠点です。

コメントは受け付けていません。